シマ吹くろう心感覚の森

~“ゆらぎ”lifeの快適ブレスで幸せUP! ~

手笛ゆらぎの音色が心を癒す(楽々簡単に手笛演奏を楽しめるマウスピース) ゆらぎlife玉手箱の会(“ゆらぎ”lifeで人生に幸福を♪)

手笛マウスピース「愛称:吹音(ふくね)」の紹介

手笛は想像できない美しい優しい音色で奏でられるため、演奏を聴いた多くの人が興味を持ち真似して吹いて試すのですが、100人に1人の割合で音が出ればいい方で、広い音域で綺麗な音色を奏でるのが非常に難しく「とても楽曲を演奏するなんて出来ない」と手笛を諦めてしまう人がほとんどなのです。

そんな状況がとても悲しく寂しくて何とかして手笛の演奏を多くの方々に身近に楽しんで欲しいと研究を続けてきました。
そしてやっと手笛の難しさである「広い音域で安定的に簡単に音を鳴るようにする」と言う最大の課題を短期間に克服するツールを創りました!

それが手笛マウスピース「吹音(ふくね)」です。
吹音(ふくね)は、研究を重ねて手笛で音が鳴るところを助ける形状を実現しました。

そして簡単に短期間で手笛演奏が楽しめるようになりました。

(手笛マウスピースを使うことで約3年の練習が不要になります)

 

 

【手笛マウスピース「吹音(ふくね)」の使い方】

手笛マウスピース「愛称:吹音(ふくね)」を使って演奏するには、大きく3種類の手法スタイルがあります。

ここではこの3種類の手法スタイルを全部ご紹介しますが、その前に。。。

全ての使い方に共通する『吹音を使って上手く演奏するためのコツ!』がありますのでお伝えします。

この『コツ!』さえしっかり意識して吹けば広い音域で綺麗に音が鳴るようになります。

音を安定的に響かせる重要ポイントなので演奏時に忘れず意識するようにしましょう。

【ポイント1:握り方】
利き手の親指と人差し指で側面を挟むように力を抜いて優しく握ります。
吹音の大きさには音色が変わるL(円周約○○mm)・M・Sの3種類ありますので握り易い大きさの吹音を使って下さい。

ストラップホールを人差し指の第一関節と第二関節の間ぐらいに合わせて握る


【ポイント2:吹き口】
息を吹く場所は、吹音の一番高い部分またはその高い所よりさらに前になります。
この隙間から蝋燭の炎を消すように息を細く吹き入れます。

一番高いところから息を細く吹く


【ポイント3:底面の覆い方】
吹音は底面を覆う広さを変えることで音程や響きが変わります。
吹音の底面に覆う手や指が隙間なく密着していることがとても重要です。

広く覆うときも狭く覆うときも手や指がマウスピースの底面に常にピッタリ接触している必要があります。
様々な楽曲を自由にコントロールして演奏する重要ポイントです。

「吹音」の底面と手や指の密着が重要



【3種の演奏手法スタイル】

ピノキオノース型演奏法
特徴は吹音の握りが簡単で3種類の手法スタイルのうち最も広い音域(2オクターブ以上)を鳴らすことが出来ます。
吹く楽しさを感じていただく導入にお勧めですが、音程のコントロールは難しく演奏には高度な手法スタイルです

 

お握りグリップ型演奏法
音色が柔らかく音程も変えやすい手法スタイルです。
隙間ができやすく技術全般に不安定要素を感じるところが難点です。
音域は約2オクターブです。

 

お祈りグリップ型演奏法
音色が柔らかく音程をより正確にコントロールし易いのが特徴です。
長い時間でも安定して演奏を楽しめます。
音域は各指を絡めるため2オクターブ弱になります。

 

【手笛マウスピース「吹音♪」の使い方(3種の演奏法)】

youtu.be

どの世代にも共通の変わらぬ大切な学びがある。それを伝えたい。愛する人々に。。。